2014年2月3日月曜日

コミティア107

コミティア107に行って来ました。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

当日配布したマンガチラシは予想より早く品切れになってしまい、
申し訳ありませんでした。
以下に全文を公開いたします。

先月まで小学館の携帯媒体向けの原稿を描いておりました。

その過程で多くの発見と経験を得る事が出来、
速度・画力ともに一段成長したという自覚があります。

5月5日のコミティア105新刊ではその成長の効果がどの程度のものかを
お目にかけられると思います。

今からそのときが楽しみです。(゚ω゚)

是非次回も「ていお亭」へお立ち寄りいただけますよう
よろしくお願いいたします。

▲スケブは10名様中7名様が都でした。 

「都」と、名前を覚えてくださる方も居て嬉しかったです(´ω`*)

▲しかし中にはシチュエーション指定をされる方も。
「3巻・オマケ漫画の4コマ目の後の情景」
と言うことでした。



▲都を明らかに敵視するライバルとの交流を通して
都をはじめとする主役達の人物を描いていきます。

どうして不真面目な一年生に対して都がおおらかなのか
どうして紀子が都にそこまでお熱なのか
どうしてそんな都が同級生から恨まれるのか。

ジュリア嬢が語る都の「過去」を基に少しずつ
明らかにしていきたいと思っています。

どうぞおたのしみに!..._〆(゚▽゚*)

0 件のコメント:

コメントを投稿